P.I.T. 編集作業

メタセコイアLE の入手

編集に利用する3DCGソフト「メタセコイアLE」はこちらのサイトで入手できます
無料版のLEでは3面図表示が出来ませんがP.I.T.で必要とする最低限の作業は充分行えます
シェアウェア版では3面図表示が可能ですが、代わりに未登録状態だと独自形式しかファイルの読み書きが出来ないので他の3DCGソフトとの連携が出来ません
ただし最終的なViewPoint形式への変換は当方で行う予定なので、他の3DCGソフトとの連携を考えない方はシェアウェア版を未登録のまま使うという選択肢もあります
ここでは無料のLE版で説明を行います

メタセコイアの操作方法についてここで詳しく述べることは無理なので、申し訳ありませんが、詳しくは付属のヘルプなどをご参照ください
メインの編集作業エリアではマウスの右ドラッグで視点の回転、ホイールドラッグで視点の平行移動、ホイール回転で視点のズームが行えます
また、F1F2,,F3のキーで側面・前面・上面へ、Shiftキーを押しながらでそれぞれの裏方向への視点切り替えができ、F4キーで平行投影と透視投影の切り替えが行えます

編集作業

座標データの読み込み

一発変換ツールで変換した座標データを読み込ませると次のようになります

余分なラインを削除する

座標を記録して歩いた場所がすべて1本の線で繋がっているため、どうしてもデータ上余分なラインがあるのでこれを削除します

余分なラインをマウスで選択すると緑色に変わるので、[Del]キーを押して削除します
全体を回転させながら注意深くすべての余分なラインを削除していきます

全体の頂点や辺が複雑すぎて作業しづらい場合には、コマンドの[投縄]選択ツールで一部分のみ選択した後、メニューの[選択部属性]-[非選択面を一時的に隠す]を実行することで、当面不必要な部分を隠して作業することが出来ます
更に[選択部属性]-[選択部を視点回転の中心に]を実行することで視点の操作も楽になります
[選択部属性]-[隠した面を表示]を実行すれば元の通り、非表示にしていたその他の部分が再び表示されます

重複する頂点や辺の結合・整理

測量時にほぼ同じ地点を記録したその頂点を整理します
メニューの[オブジェクト]-[近接する頂点をくっつける]を選び、くっつける距離に1.00を指定して実行します

これで頂点については一括しておおよそ整理できますが、辺の場合には一カ所一カ所丁寧に修正してやらねばなりません
不要な辺を一旦削除しますが、このとき頂点は最低一つの辺に繋がっていないと存在できないので、頂点に接続する辺をすべて張り替える場合には、不要辺の削除→新しい辺の追加→不要辺の削除→新しい辺の追加、と繰り返し作業する必要があります
辺を張るには左側の[コマンド]から[面の生成]を選び、面の生成ツールのパネルで[辺]を選びます
そのうえで2頂点を連続して選択すると、その間に辺が張られます







材質の作成

マップ上で使われる材質を設定します
絵を描くときの絵の具のパレットのようなものです

材質パネルで[新規]をクリックし、必要な材質の種類だけ材質を用意します
それぞれの材質について[設定]をクリックし、その材質の内容を設定します
今回の目的のためには、識別のための「材質名」、水面など半透明部分を表現するための「不透明度」、材質の色となる「基本色」の3項目のみ編集すれば充分でしょう

面を張る

いよいよ面を張っていきます

材質パネルで面を張りたい場所に適用したい材質を選びます
面の生成ツールで[両面]と[三角]を選んで選んでおきます
後は面を張る3つの頂点を次々に選択していけばどんどん面を張っていくことが出来ます

すべての面を張り終わったのが上の図です(面以外の頂点や辺、座標軸は非表示にした状態です)
基本的にメンバーの方にお願いする作業はここまでです
ここまで出来たら、ZIPかLZHに圧縮して掲示板の方にアップロードをお願いします
残りの作業は当方で行います

余力のある方は

以上の作業まで完成して、なお余力のある方には足場以外の目立つオブジェの作成・配置作業もお願いいたします

メタセコイアを使用してオブジェを作成する以外にも、メタセコイアと連携できる(保存データを相互に読み書きできる)3DCGソフトをお持ちの場合には、その使い慣れたソフトを利用していただいて結構です
最終的にメタセコイア形式または、当方がViewPoint形式への変換に使用するtrueSpaceというソフトで読み込み可能な形式でデータを作成していただければ結構です

下の図はtrueSpaceでキノコとフォージを作成して配置している画面写真です
エイシスケイブの立体地図ではキノコ、フォージ、蓮の葉っぱ、滝、出入り口の文字列を後から追加しました


前のページ Home