Project Inoh Tadataka

プロジェクト伊能忠敬 (P.I.T.) の趣旨

旧ResonanceAge β1 時代には非常に正確な2Dマップを公開されていた「Resonance Age Map」さんというサイトがあったのですが、残念なことに閉鎖なされてしまいました
同サイトの代替といってはおこがましいかも知れませんが、どうせだから3Dで全ゾーンのマップをみんなで協力して作り上げようというのが本プロジェクトの趣旨です

わざわざ3Dで作るのは、旧RAβ1のエイシスケイブのように複雑な立体構造を持ち、2Dマップでは全容を把握しづらいゾーンが今後も追加されるかも知れないということ、地形の起伏を表現することで実際の地形のイメージがつかみやすくなるということ、そして何より立体化された地図をグリグリと動かして眺めるのが楽しいということです

もちろん、2Dマップ、3Dマップ、それぞれに長所と短所があります
しかし一旦3Dマップを作成すれば、その素材を用いて2Dマップに落とし込むことはさほど困難ではないだろうと予想できます
本プロジェクトでは最終的には2Dマップ化も考慮しつつ、3Dマップの作成を行いたいと考えています

また、この3Dマップの作成作業は一人の人間がすべてをこなすには膨大すぎる作業量が必要となるので、作成に協力していただけるプロジェクトメンバーを常時募集しています
協力していただいた方は、そのお名前をマップデータ上に付記いたします

次ページ以降にプロジェクトに関する基本的な説明を記しますが、その全てが確定情報ではありません
プロジェクトとして皆さんと共同で作業を進めるため、作業方針など随時変更される可能性があります
最新の情報につきましてはプロジェクト専用掲示板をご覧ください


Home 次のページ