World

→旧ResonanceAgeの情報

Master of Epic : The ResonanceAge Universe とは

「Master of Epic : The ResonanceAge Universe」(MoE)とは、潟nドソンが鋭意開発中のWindows用純国産MMORPGです
MMORPGとは 'Massively Multi-player Online Role Playing Game' の略で、インターネット上に構築された巨大な仮想世界に世界中から大勢のプレイヤーが同時参加し、各々がお互いに関わり合いながら生活や冒険を楽しむロールプレイングゲームのことです
オーソドックスな中世風の世界観を基調にしたゲームになっています
2003.03.31〜2003.12.08 の期間、「ResonanceAge」というゲーム名で誰でも無料で参加できるオープンβテスト(β1)が行われていました
ゲーム名称をMoEに変え、2004.03.19〜2004.4.28の間「FIRST TEST」、2004.08.05〜2004.08.11の間「SECOND TEST」と銘打ってクローズドテストが行われました
遠からずオープンβテストが行われるものと期待しています

MoE の特徴

3Dフルポリゴン
視点を自由に変更して様々な角度から景色を眺めることが出来ます
3Dであることを存分に生かした立体的で複雑な構造をしたダンジョンが用意されています
  (参考):当サイトの立体地図
ゲーム中でも高さの概念が生きていて、高所からの落下による被ダメージがあります
高アクション性
家庭用ゲーム機におけるアクションゲームのように前進後退、左右回転、カニ歩き、ジャンプ、視線の上下移動などが可能です(操作法をカスタマイズした場合)
武器を振るった直後のディレイタイムや盾による能動的な防御、カウンターアタックなどの仕様と上記操作体系により、攻撃面では殴りかかるタイミングや技の連携の組み立て、防御面ではキャラ操作による攻撃回避や盾を構えるタイミングなど、アクション性に富んだ飽きにくい戦闘システムが採用されています
  (参考):当サイトのプレイ動画
柔軟なカスタマイズ
初心者でも操作に取りつきやすいように、他のMMORPGに似たマウスクリックで全てが行える操作方式から、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)に似た操作方式、家庭用ゲーム機の3DなRPGに似た操作方式、更にユーザーがあらゆる機能にあらゆるキーを割り当てることが出来る柔軟なキーコンフィグを備えています
割り当てにはキーボード、マウスボタンの他、ゲームパッドにも割り当てることが出来ます

使用可能な技やアイテム、機能のうちよく使うものをメニューに登録して使うのですが、この登録するコマンドの一つ一つはマクロになっています
そして、このマクロを編集することによって、より便利でより複雑な動作をワンボタンで発動できるようになります
例えば、剣で斬りつけた後すぐ盾を構えたり、「ありがとう」と発言と同時におじぎをしたり、魔法を唱えた後すぐMP回復薬を飲んだり、特定のチャットルームに入室してすぐに参加メンバー一覧を表示させたりできます

各種ウィンドウの表示位置やサイズの変更はもちろんのこと、メッセージを表示するためのウィンドウが複数用意されていて、ユーザーがどの種類のメッセージをどのウィンドウに表示させるか自由に設定でき、それぞれのウィンドウ毎に自動クローズのON/OFFが設定できます
5つの時代
ResonanceAge(共鳴する時代)の名が示すとおり一つのゲームでありながら、プレイヤーはルールや仕様の違う複数の"時代"を自由に行き来して、異なった切り口でゲームを楽しむことが出来ます
公式には全部で5つの時代が発表されています

現段階では"PresentAge(現代)"と"WarAge(戦争の時代)"の2つの時代が実装されています
PresentAge(通称:プレ)は他の時代への玄関口となる時代で、基本的に対人戦は禁止される代わりに多くのモンスターやクエストが存在し、じっくりとキャラを育成したり生産や商売に励むことが出来ます
WarAge(通称:ワラゲ)では敵対する2つの国家のどちらかに所属、或いは無所属の立場で、多人数vs多人数の戦争を行います
β1時には毎晩のように50人vs50人、或いはそれ以上の規模の戦争が行われていました
スキル制
キャラの成長は"経験値"の取得によるレベルアップ制ではなく、剣を振れば剣のスキルが、魔法を唱えれば魔法のスキルが上がっていくという"スキル制"を採用しています
プレイヤーのとった行動がスキルの上昇に直結するため、レベル制に比べてキャラの成長をより実感できます
レベル制のゲームと違い、かなり円熟したキャラでもまだ弱い初心者キャラとパーティを組んで一緒に狩りをすることにメリットが残ります

スクリーンショット

Home