for ビギナーズSIDE



ケール・タングンって何するところ?

チュートリアルの5部屋目で案内されるダンジョン『ケール・タングン』。
入ってきたその場所は、中央に巨大な柱の立つ、殺風景な円形の大広間です。
しかし、殺風景なこの場所こそがMoEの著しい特徴の一つを形作っている場所なのです。

この『ケール・タングン』は、先行してMoEをプレイしているベテランプレイヤー達と 今まさにMoEの世界へ足を踏み入れたばかりの初心者の皆さんとが出会い、 コミュニケーションを通じてこのゲームへの理解をより深めてもらうための場所となっています。

ベテランプレイヤーの話を聞こう

ケール・タングンではベテランのプレイヤー達があなたを温かく迎えてくれます。
分からない事、気になる事、何でも気軽に尋ねてみましょう。

パーティを組んで戦ってみよう

他の初心者やベテランのプレイヤーとパーティーを組んで、敵と戦ってみましょう。
大勢でワイワイ戦うことの楽しさを体験しましょう。


他のプレイヤーと仲良くなろう

ケール・タングンは他のプレイヤー達との初めての出逢いの場でもあります。
積極的にコミュニケーションをとってお友達になりましょう。

もしも誰も居なかったら…

色々教えてくれるベテランも、普通の一般プレイヤーです。いつも居るとは限りません。
ケール・タングンに誰も居なかったら、どうすればいいのでしょう?


一番上へ戻る

ベテランプレイヤーの話を聞こう

MoEは色々な事ができるのが一つの大きな魅力となっているゲームですが、数多のMMORPGとは毛色の異なる点も多く、それ故に覚えるべき事も少なくありません。
チュートリアルでNPCから習った知識だけでは、とても充分とは言えないのが実情です。
そこで登場するのが、以前からこのゲームをプレイしているベテランのプレイヤー達です。
ケール・タングンには、彼らベテランプレイヤー達があなた方を導くべく待機しています。

なぜベテランが親切にしてくれるのか

彼らベテランは「初心者さん達のお世話をしてきなさい」というクエストとして、このケール・タングンに訪れています。
つまりクエストのクリアが目的という事になりますが、実はクエストなど関係なしにケール・タングンに来ているベテランプレイヤーの方が多いのです。
そこには様々な思いがありますが、なんと言っても彼らはこのゲームを愛しているということです。 初心者にとって色々な面で敷居が高いゲームですが、そこを乗り越えてこのゲームの面白さ、魅力に気が付いて欲しいのです。
その敷居を少しでも低くして、あなたと共にこのMoEの世界を楽しみたいと考えているのです。

どんな些細な疑問でも積極的に訊いてみよう

このゲームを始めたばかりのあなたにとって、右も左も理解らない事だらけでしょう。
そうまさに「何が分からないのかが分からない」状態になっているかも知れません。
そんなときは雑談でもしてみると、質問のきっかけが掴めたりするものです。 自分がこれまでに経験してきたゲームはこんな感じだったとか、MoEではこんなキャラに育ててみたいだとか、 そんな何気ない雑談から察してベテランの方から何か有益な情報を提供してくれるかも知れません。
操作方法に関すること、ゲームシステムに関すること、ゲーム内の雰囲気、ベテランが身につけている武器や防具についてなど 思いついた端からどんどん質問しましょう。

ベテランによる初心者講座を聴こう

ベテランの人達としても、あなた方に「是非これだけは知っておいて欲しい」という知識やテクニックを幾つか用意してきているでしょう。
そんな彼らの初心者講座は実体験に裏打ちされた知識ですから、きっと大いに役立つはずです。 また、NPCによるプログラムされたチュートリアルと違って人間が直接教えてくれるのですから、説明の途中で分からない事があったとしても、納得のいくまで教えてもらう事ができます。
「知るは一時の恥」と言いますし「知らぬ」を押し通してゲームを楽しめなかったら損なのは結局自分自身ですから、分からない点は正直に聞き返しましょう。

一番上へ戻る

パーティーを組んで戦ってみよう

ベテランプレイヤーとのコミュニケーションと共に、このケール・タングンの大きな柱となっているのが「パーティを組んでの戦闘体験」です。
ベテランプレイヤーの引率のもと、大勢のプレイヤーと一緒にワイワイ戦うことの楽しさを体験するのが一番の主旨になっています。

パーティーを組もう

基本的にはベテランのプレイヤーが引率する形で、パーティーリーダーを務めてくれます。パーティーに誘われると画面の隅っこに【PT勧誘】という文字が点滅するので、それをクリックするとパーティーに参加出来ます。
パーティーに参加すると同じパーティーのメンバーであることの目印として、自分とパーティーメンバーの名前が薄緑色に変わります。
MAPを表示させている時はパーティーメンバーの位置が表示されるので便利です。
また、自分とは別のパーティーに参加しているプレイヤーは名前が薄紫色で表示されます。

ベテランの支援を受けて敵と戦ってみよう

ケール・タングンに生息するモンスターは強力です。初心者が単独で戦おうとすると一撃で即死させられるような敵が少なくありません。
しかし、ベテランの支援があればかなり楽に戦えます。 強化魔法や回復の支援を受けつつ、ベテランに教わった戦闘のコツや操作方法を色々と試しながらモンスターと戦ってみましょう。
ケール・タングンでは無料で包帯の支給が受けられますし、たとえ死亡してもペナルティは全く無いと言っても過言ではないので、恐れずに思う存分試しながら戦えます。

ダンジョンのボスに挑もう

ケール・タングンの総仕上げとして、みんなでボス戦に挑むことになります。
ボスを倒すためには初心者さん達が持っている「ラッカ・パートゥ・ポーション」という特殊なアイテムが必要になっており、その時集まっている初心者さんの人数やベテランの戦力によって、4カ所あるボスのうちどれの攻略を目指すかが決まってきます。
どこを目指すかは、その時引率をしてくれているベテランプレイヤーが決めてくれると思いますので、攻略のための諸注意を聞き、準備を整えてから全員揃って攻略に向かいます。

基本的にボス攻略戦では、ベテラン達は強力な敵を薙ぎ払い初心者さん達を安全にボスまで送り届けるのが仕事、初心者さん達は手持ちの「ラッカ・パートゥ・ポーション」を使ってボスを退治するのが仕事です。
初心者の皆さんは護衛をしてもらいながら、ベテラン達がその身につけた強力な技や魔法で敵を蹴散らしていくさまを存分にご覧下さい。 「自分もいつかあんな技を使えるようになりたい」と夢をはせるのも、ある意味、初心者の仕事と言えます。

一番上へ戻る

他のプレイヤーと仲良くなろう

ケール・タングンはMoEを始めたばかりの初心者にとって、初めて他のプレイヤーと接する場所です。
ベテランプレイヤーからチュートリアルを補完するような知識やノウハウを教わることは、確かにケール・タングンの大きな目的の一つですが、それだけではありません。
あなたと同じようにMoEをまさに今始めたばかりの他の初心者プレイヤーと出会う場でもあるのです。

黙っていては何も始まらない

ケール・タングンに来ると、おそらくベテランプレイヤーの方から積極的にあなたに話しかけてくるでしょう。
まずは挨拶です。そして質問でも雑談でも何でも良いので会話を交わしましょう。 初心者だからと言って引け目を感じたり恥ずかしがったりする必要はありません。 ベテランプレイヤー達はそんな事は承知の上で話しかけてきているのです。

彼らベテランの多くは、初心者が少しでもすんなりとMoEの世界に馴染み、楽しめるようにと願っている、世話好きの人達です。 しかしそんな彼らでも、何も喋らない、話しかけても反応が返ってこないような初心者が相手では、どうすることもできません。 沈黙には沈黙で返すことになってしまいます。
しかし逆に、充分なコミュニケーションがとれる相手ならば、彼らにも気持ちがこもります。 話が弾んでくれば、ひょっとしたら初心者用の武器や魔法などをプレゼントしてくれるプレイヤーも居るかも知れません。
何よりも、コミュニケーションがとれないがために、得られるはずの知識やノウハウが得られないとしたら、それはあなたにとって重大な損失でしかありません。

共に冒険をする仲間

MoEもまたMMORPGというジャンルのゲームですから、他のプレイヤーたちと共にワイワイ言いながら冒険をするのは大きな醍醐味です。
いつでもどんなときでも行きずりの臨時パーティを組む勇気を持ち、楽しむことのできるプレイヤーならともかく、そうではないプレイヤーも多く居るはずです。
そういう人達の場合、下手をするといつまで経ってもソロプレイばかりで、MMORPGの醍醐味を楽しめない可能性もあります。

そんなシャイなプレイヤーにとって、ケール・タングンは冒険仲間を見つけるまたとない場所です。
この世界に慣れたベテランのプレイヤーの方から積極的にあなたに話しかけてきてくれますし、あなたと同じ、MoEをたった今始めたばかりのプレイヤーとも知り合えるのですから。
お膳立ては整っています。あなたに必要なのはたった一言、「一緒にプレイしませんか?」と発言する勇気です。

冒険はまだ始まってもいない

たとえケール・タングンで友達同士になれなくても、焦る必要はありません。冒険はまだ始まっても居ないのですから。
冒険を続けていればケール・タングンで会ったプレイヤーと再会する機会もあるでしょうし、また別の新たな出会いもあります。 そしてそのとき、ケール・タングンでのコミュニケーションの経験がきっと役に立つことでしょう。

一番上へ戻る

もしも誰も居なかったら…

ケール・タングンでは、初心者のお世話をしてくれるのも一般のプレイヤーです。 24時間いつでもそこに常駐しているわけではありません。 当然、誰も居ない可能性だってあります。
では、あなたがケール・タングンを訪れた時、運悪く無人だった場合一体どうすればいいのでしょうか?

ケール・タングンの攻略は必須ではない

ケール・タングンのボス攻略は、実は必須ではありません。 ケール・タングンに入ってきた時のアルター(ワープ用の石碑)からもう一度出てチュートリアル案内役のNPCの所まで戻れば、このダンジョンをスキップしてチュートリアルの次の段階へ進むことができます。
ボスも含め、ケール・タングンに生息するモンスターたちはどれも、倒しても何もアイテムを落としません。 クリアしても直接的な利益はなにも発生しないのです。
今後の他プレイヤーとのコミュニケーションや、プレイに関する知識・ノウハウなどを自力でなんとかできる自信があるならば、ケール・タングンは飛ばしてしまっても構いません。

得られなかった知識やノウハウをどうするのか

ケール・タングンで経験するはずだった他プレイヤーとのコミュニケーションやパーティー戦闘の経験についてはゲーム外ではどうしようもありません。 しかし得られるはずだった、初心者として最低限の知識やノウハウについては、当サイトにて「Tips」「FAQ」という形で補完しています。
ケール・タングンが無人で何も教わることができなかったとき、あるいは、教わったけれども不十分だと思うとき、当サイトに掲載した情報があなたの助けになればと切に願っています。

一番上へ戻る